美の楽園

rainbow

カミソリとムダ毛の対決

カミソリとムダ毛の対決!
これって、いつまでも続く終わりなき戦いです。
いい加減に終わらせたいですよね。
そんなときは、やっぱり脱毛してしまうのが早道です。
毛根からムダ毛を処理してしまうので、当分、生えてくる心配もありません。
しばしの休戦状態ですね。
もちろん、永久脱毛をすれば、完全に戦いは終わりをむかえます。
そのためには市内の脱毛サロンがおすすめです。
新潟脱毛

ムダ毛はシェーバーで処理しよう

ムダ毛処理は自分でしているといった方もたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの方がカミソリで毎日のように剃って、お手入れをしているようです。カミソリや毛抜きでムダ毛処理すると、肌を毎日傷めていることになります。肌の表面を毎日のように剃っていると、肌の表面も削り取ってしまい、乾燥肌や肌の炎症を起こす原因となってしまいます。
ではムダ毛のお手入れは、一体どうすればいいのでしょうか。カミソリに比べると、まだ肌に優しいのが電気シェーバーになります。電気シェーバーは決して剃った後がキレイとは言えませんが、カミソリに比べると、断然、肌に優しくなっています。カミソリのようにキレイに毛を剃ることは出来ませんが、肌のことを考えると、脱毛は電気シェーバーがおススメと言えるでしょう。

スローランニング

健康とダイエットを兼ねてジョギングに取り組んだのはいいけれど、やっぱり長続きしない…。
そんなあなたにお勧めの運動があります。
それが「スローランニング」です(NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されています)。
スローランニングはジョギングのように走るのではなく、歩くようなペースで走る運動です。
そしてスローランニングのメリットは、運動が苦手な人でも気軽に実践することができることです。
さらにおすすめなのがホットヨガ。こちらは大阪にもヨガ教室があります。
ホットヨガ 大阪

ホットヨガはデトックス効果もあるので終った後爽快感があります。

優雅な独身生活

独身貴族などと言う言葉が一昔前流行しましたが、このような言葉は何を意味するのでしょうか?
独身貴族とは、経済的にも時間にも余裕のある独身の人をうらやんで言う言葉ですが、たいてい独身者はお金に余裕があるものです。
簡単な話、給料は同じで家族を養っている人と独身の人では、必要なお金の額が違うわけです。
ただ、独身時代に気を付けておきたいのが、贅沢をしすぎると言うこと。
貯めるという意識がなく、給料は全て自分の物、入ったら入っただけ使うと言う考えで生活していると、独身時代は良くても結婚後に窮屈な生活を強いられる可能性があります。
独身時代からある程度、貯金する癖をつけ贅沢をしないように心掛けるのも大切な生き方と言えるでしょう。

ウェディングこそ脱毛のチャンス!

ムダ毛のないツルツル肌になるために脱毛サロンやクリニックで脱毛したい!という人は多いけれど、料金は高いし必要に迫られているわけではないし、と二の足を踏んでいる人は多いはず。
そんな女性にとって、脱毛サロンへ行く絶好のキッカケとなるのがウェディング。
大胆に背中やデコルテが見えるドレスを着る機会なんて、一生に一度、このときがチャンス。
だからこそ、ムダ毛のないツルツルなお肌でこの日を迎えたいですよね。

ヨーロッパ人の脱毛事情

国によって脱毛に関する考え方は全く異なりますが、ヨーロッパの脱毛事情とはどのようなものなのでしょうか。
ヨーロッパはイギリス、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、ベルギーなど約50カ国の国が集まっています。
ヨーロッパと言えば、オシャレなイメージですがもちろん美に関してもかなり意識が高いといえるでしょう。
そんな美に関して意識の高いヨーロッパ人ですが、脱毛やムダ毛処理などは主にエステサロンで処理する事が当たり前と考えている人が多いようで日本と比較するとそれ程あれこれ脱毛方法はありません。
考え方もアバウトで伸びたらまた脱毛すれば良いと言った考え方です。
ただモデルや芸能人のような職業以外の一般人は脱毛への意識は高いとは言えません。

結婚すると寿退社?

結婚すると寿退社をする…それが昔は当たり前でした。
女性にとって就職は結婚までの腰掛というニュアンスで捉えられていた時代もありました。
でも、今は全然、事情が違います。
結婚しても、辞める辞めないは本人次第といった感じです。
その背景には育児休業制度が整ってきたこともあります。
つまり、まだまだ不十分とはいえ、女性が家庭を持っても働き続けることができる環境が整ってきたと言えそうです。
しかし、現実には仕事を辞めざるを得ない女性も少なくありません。
結婚式には会社の同僚も集める事になるので引き出物についても神経を使います。最近は式場の帰りにかさばらないものが人気です。

自分史を書いてみる

自分の歩んできた人生を思い返してみる…そのために自分史を書くのはおススメです。
その参考にするために自分の歩んできた道を書き留めておくといいですよね。
そのための一つの方法として日記を書いてみるのはおススメです。
日記にはこれまでの人生の中で、自分自身の脳裏に思い浮かんだ記憶をどんどん書き留めたら良いと思います。
では、どうやって書き留めればいいのでしょうか。
時系列に沿って書き留めてもいいですが、思い出すままにその時の記憶を書き留めても楽しいと思います。
またその記憶と同時に、写真や手紙・日記などがあれば、さらに自分史を楽しく書くことができます。
私の場合、自分史と同時に当時起こった出来事等々も書き加えています。
それ以外に55歳・60歳・65歳~と自分の将来像も自分史に付け足しています。
自分なりのやり方で楽しみながら行うのがコツです。

看護師に人気・不人気の科はどこ?

企業の中でも、あの部署だけには行きたいくない…なんて部署もあったりします。
一般企業の中にも人気・不人気の部署があるように、看護師にも人気・不人気の科があります。
たとえば、人気の科。
テレビドラマの影響もあるのが、救命(ER)。
不規則な長時間勤務のうえに命の危険にさらされた患者さんが運ばれてくるため、現実は相当大変なのですが、1年で3年分の経験ができると若い看護師には人気です。
ナース人材バンクにはこういった人気の科の求人が多くあります。

転職の面接で意識すべき点

転職したいとあなたが思っても、相手があなたを雇いたいと思わない限り転職は成立しません。
そんな転職活動の中で重要なのが「面接」です。
重要と言うより、今までの転職活動の全てがそこに凝縮されているといっても過言ではありません。
そんな転職時の面接で意識してみておきたい点があります。
それはあなたの事を考えてくれているか?です。
当然即戦力を欲しいから面接官がこれできます?あれできます?と聞いてくるでしょう。
しかし一番重要なのは、あなたの人生が変わると言う観点で見てくれているか?です。
例えば、この会社にくる時期として、今の職場での折り合いは大丈夫か?などの配慮です。
このような配慮を要所要所で感じる面接官は、入社後、一緒に仕事をしても、同じようにいろいろ配慮してくれるでしょう。